校長室の窓から

過去のブログはこちら

訪問者別メニュー

  • 学校を知りたい方はこちらから
  • 入学・転入学をお考えの方はこちらから
  • 在校生の保護者の方はこちらから

秋に向かって

18年10月12日

出勤のために夜明けのバス停に着くと、並んでいる人の服装が多様なことに気づきました。

男性では、上着を着けずにカッターシャツだけの人、上着を着ている人がちょうど半分ずつでした。

肌寒い朝でしたので、中には、薄手のダウンを羽織っていらっしゃる方もいました。

登校してくる児童の服装も、夏冬が混じっています。

DSC08099 DSC08087

     夏服と冬服が並んで           児童会の服装も夏冬混合

 

今、本校では、どちらを着用してもOKの期間としています。

以前は、はっきり区切っていましたが、近年は気候が不安定な上に、個人の感覚も多様ですので、自由な選択ができるようにしています。

これから徐々に冬服派が増えていくことでしょう。

 

「一葉落ちて天下の秋を知る」との、ことわざがあります。

わずかな気配から、大きな変化の予兆を感じ取る、といった意味でしょうか。

しかし、校門からの通学路に落ちる葉は、一葉どころではなくなってきています。

DSC08084

少し掃くと、結構なボリュームの落ち葉が集まります。

秋は徐々に深まっていることを感じさせられます。

 

学校の秋本番は総合発表会です。

今日も、準備や練習が行われています。

どうぞ、お楽しみに!」

 

ページトップへもどるよ