校長室の窓から

過去のブログはこちら

訪問者別メニュー

  • 学校を知りたい方はこちらから
  • 入学・転入学をお考えの方はこちらから
  • 在校生の保護者の方はこちらから

日常の有り難さ

18年06月19日

地震から一夜明け、モノレールを除き、交通機関は通常運行になっています。

余震も続いていますので、授業再開には迷う気持ちも生まれてきました。

しかし、可能なところから日常を取り戻すことが大切だと考え、授業の再開を決断しました。

地元の小学校が休校している中、登校してきた児童もいます。

被災し、家の片付けも終わらない中、断水やガス停止で不自由な中、出勤している教職員もいます。

そんな状況で、まだ全員が登校できるわけではありませんが、学校には活気と日常が戻りつつあります。

DSC07283 DSC07286

   登校してきた子どもたち             ゲンジボタル

 

登校してきた児童が、私の顔の前に差し出してきた虫かごの中には、大きな蛍が入っていました。

1センチを越える大きさなので、「ゲンジボタル?」と訊くと、「そうだ」との答えが返ってきました。

教室でも話題になっていることでしょう。

DSC07281 DSC07276

      低学年校舎方面             大きなアサガオの花

 

低学年下足室に向かう坂道は、両側に並んだアサガオのボリュームが増してきた分、狭く感じられます。

ほとんどの鉢で、アサガオの花が開くようになってきました。

 

昨日味わった恐怖で傷ついた幼い心を、学校の日常の中で癒やしてくれることを願っています。

ページトップへもどるよ