校長室の窓から

過去のブログはこちら

訪問者別メニュー

  • 学校を知りたい方はこちらから
  • 入学・転入学をお考えの方はこちらから
  • 在校生の保護者の方はこちらから

キャベツ?・・・の観察

15年11月20日

2年生がベル広場でキャベツの観察をしています。

少人数に分かれて、キャベツを植えた鉢を囲んでいます

DSC04783

       ベル広場で

 

近づいてキャベツの様子を見ると、・・・・・・、何ということでしょう!

DSC04784

     本当にキャベツ?

 

何とも無残なキャベツの姿です。

葉はぼろぼろで、筋(葉脈)しか残っていないものもあります。

しかし、子どもたちは、一生懸命スケッチをしています。

「校長先生!見て!」と、手を引きに来る子もいます。

みんな、活き活きした表情です。

それは、いっぱいの青虫(モンシロチョウの幼虫)を見つけたからです。

DSC04785

     写真中央に青虫

 

まゆのようなものを見つけた子もいます。

DSC04788

       まゆ?

 

私の記憶では、モンシロチョウのさなぎは露出していて、まゆにくるまれているという印象は薄いのですが、どうなのでしょうか?

 

キャベツの観察のはずが、まるで青虫の観察のようです。

そういえば、キャベツを植えて間もない頃、何度かモンシロチョウを見かけました。

もちろん無農薬ですから、このようになったのでしょう。

 

本物から学ぶ、これが「花育」の神髄でもあります。

ページトップへもどるよ