校長室の窓から

過去のブログはこちら

訪問者別メニュー

  • 学校を知りたい方はこちらから
  • 入学・転入学をお考えの方はこちらから
  • 在校生の保護者の方はこちらから

シャボン玉

15年07月14日

ベル広場から、子どもたちの歓声が聞こえてきます。

カーテンを開けて外を見ると、窓の外を無数のシャボン玉が流れていきます。

DSC03743

    校長室の窓から

 

1年生がシャボン玉で遊んでいます。

外に出てみると、子どもたちは、いろんな道具を使ってシャボン玉を作っています。

DSC03731

      楽しそうです

 

ストロー、うちわの骨組み、料理の道具、虫捕り網まであります。

とても大きなシャボン玉ができた時には、歓声が上がります。

昨日もやっているクラスがありましたが、昨日も今日も風が強く、シャボン玉はすぐに壊れたり、速いスピードで飛んで行ってしまいます。

それでもみんな夢中で、シャボン玉づくりに興じていました。

 

廊下を歩いていると、ガサガサと音が聞こえてきます。

音が聞こえてくる方を見ると、ガラス張りのところで、トンボがバタバタしています。

迷い込んだトンボが、外に出ようとして、明るい窓ガラスに当たっているようです。

DSC03744

オニヤンマのようです。

逃がしてやりました。

そういえば、昨日の朝には、エントランスホールの床に、卵を産み付ける動きをしているトンボがいました。

ピカピカに磨かれた床が、水面に見えたのでしょうか。

 

トンボも入学したがる雲雀丘学園小学校です。

 

    

ページトップへもどるよ