校長室の窓から

過去のブログはこちら

訪問者別メニュー

  • 学校を知りたい方はこちらから
  • 入学・転入学をお考えの方はこちらから
  • 在校生の保護者の方はこちらから

アウトリーチ・プログラム

14年12月17日

北海道付近で急速に発達した低気圧の影響で、各地で大荒れの天候になっています。

本校への通学圏内では、雪は降りませんでしたが、大変寒い朝になりました。

DSC01721

 滑って遊ぶ子どもたち

 

ベル広場は、昨日降った雨が白く凍っていました。

それに気づいた子どもたちは、大喜びで滑って遊び始めました。

まるでスケートリンク、いっぱい転んでいました。

 

外は寒くても、教室では熱のこもった授業が行われています。

中でも、音楽室で行われたアウトリーチ・プログラムでは、4年生の子どもたちが目を輝かせていました。

毎年この時期に、神戸女学院大学で音楽を専攻する学生の皆さんが、本校を訪ねてくださいます。

今年のテーマはピアノです。

DSC01728 DSC01727

 ピアノの中を覗き込んで  音が出る仕組みの説明模型

 

グランドピアノの中を覗き込んで、どのようになっているのか説明していただきました。

また、模型を使って、鍵盤、ハンマー、ダンパーがどのように連動しているのか、見せていただきました。

ハンマーで弦を叩いて音を出している様子が、一目瞭然です。

もちろん、ピアノ演奏を聞かせていただきましたし、歌も聞かせていただき、子どもたちは音楽の世界に引き込まれていきます。

最後に、みんなでクリスマス・ソングを歌い、楽しいひと時を送ることができました。

 

学生さんのピアノ演奏や歌声に、憧れを抱いた子どももいたことでしょう。

今日の経験は、必ず子どもたちの成長に繋がっていくと確信できる、素敵なアウトリーチ・プログラムでした。

ページトップへもどるよ