校長室の窓から

過去のブログはこちら

訪問者別メニュー

  • 学校を知りたい方はこちらから
  • 入学・転入学をお考えの方はこちらから
  • 在校生の保護者の方はこちらから

熱戦

14年11月25日

兵庫県私立小学校連合会のポートボール大会が、22日(土曜日)に行われました。

DSC01502 DSC01505

    開会式          試合開始

 

会場の仁川学院小学校の運動場には、早くから各小学校の選手が集まり、熱心に練習を行なっていました。

まだ試合が始まっていないのに、最後の練習ということで、指導の先生も熱くなっています。

応援に駆け付けてくださった、たくさんの保護者・家族の皆さんに見守られる中で、開会式が行われました。

そして、いよいよ試合開始です。

DSC01512 DSC01526

 激しいボールの奪い合い    ロングシュート

 

6つのコートで、一斉にジャンプボールが行われ、試合が始まっていきました。

どの学校の選手も、一生懸命にボールを追いかけ、激しいボールの奪い合いが展開されていきます。

パスやドリブルでボールを運び、ゴールに近づいても、最後のディフェンスであるガードマンが手を挙げてゴールを妨害します。

ガードマンを越える山なりのシュートが上手くゴールマンの手に納まると、やっと得点です。

選手が力を合わせなければ、なかなか得点には結びつきません。

DSC01523 DSC01533

   応援も熱く          閉会式

 

控え選手や保護者の方の応援にも力が入ります。

応援の横断幕を用意してきた学校もありました。

ゴールが決まるたびに、大きな歓声と拍手が沸き起こります。

 

試合が終わり、抱き合って勝利を喜ぶチームもあれば、負けた悔しさで涙を流すチームもあります。

何れも、一生懸命に練習してきたからでしょう。

 

閉会式で講評に立たれた会場校の校長先生からは、「負けた悔しさも、成長のためのばねになる。」とのお話がありました。

勝った思い出も、負けた悔しさも、必ず子どもたちの将来の力になっていくことでしょう。

ページトップへもどるよ