校長室の窓から

過去のブログはこちら

訪問者別メニュー

  • 学校を知りたい方はこちらから
  • 入学・転入学をお考えの方はこちらから
  • 在校生の保護者の方はこちらから

「マッサン」

14年11月05日

NHKの連続ドラマで「マッサン」が放送されています。

ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝(マッサン)と妻リタがモデルとなったストーリーです。

このドラマに、堤真一が演じる鴨居欣次郎という人物が登場しています。

この人物こそが、雲雀丘学園初代理事長の鳥井信治郎なのです。

DSC01338

 初代理事長の肖像画

 

鳥井信治郎初代理事長の肖像画は、エントランスホールに掲げられていますので、来校された際にご覧になられた方も多いと思います。

サントリーの創業者である初代理事長はドラマの中では、「鴨居商店」を立ち上げ、「太陽ワイン」の販売で成功をおさめます。

ドラマの中でも、「やってみなはれ」という言葉をよく口にします。

どんなことでも、やってみないとわからないとの信念を持ち、チャレンジ精神旺盛な経営者だったそうです。

鳥井信治郎は、大正12年に、母親の健康を気遣って、雲雀丘に転居したそうです。

住居は、今も、学園の隣に建っています。

この転居がなければ、雲雀丘学園小学校の誕生はどうだったかわかりません。

雲雀丘学園小学校誕生の背景に、このような経緯があったのです。

創立の精神「親孝行」の意味も、改めて考えさせられます。

 

連ドラは録画し、帰宅してから見ています。

これから、初代理事長のどんな人柄が見られるのか楽しみです。

ページトップへもどるよ