日本国有鉄道蒸気機関車C56形式について

C56型蒸気機関車はC12型タンク機の炭水車つきとして昭和10年から14年まで5年間に
160両製造されました。本学園にあるC56111号機は昭和12年9月30日誕生以来
その生涯の大半を長野県下で過ごし、昭和48年3月に鹿児島県吉松機関区に転属となりました。
昭和48年4月宮崎県に於ける植樹祭にお召列車の予備機として出向しました。
煙突の金色に輝く二条の線は、その時の名残です。
地球約43周という永い力闘の旅を終わり、我が国の貴重な文化遺産として
本学園で静かに余生を過ごしております。

学校法人雲雀丘学園