各種Q&A

訪問者別メニュー

  • 学校を知りたい方はこちらから
  • 入学・編入学をお考えの方はこちらから
  • 在校生の保護者の方はこちらから

入試について

入試の観点を教えてください。
幼稚園の指導領域から大きくはずれることがないように考慮しています。 「ことば」「社会性」「数・図形」「環境」「表現」「身体機能」「生活習慣」および保護者面接です。 詳しくは「入試について」をご覧下さい。
入試に向けて保護者はどんなことを心がけておくといいですか。
いろいろなことに正解のみを求めようとしないで、たとえ間違っていても、「あなたはそんな風に考えたんだね。どうしてそう思ったの?」「なるほど、よく考えたね。」と、いったんはお子さんの考えを認めて、 自分なりに考えたことをほめてあげるようにしてあげるといいと思います。
詳しくは「入試について」をご覧下さい。
保護者面接の日時はどのように決まるのですか。変更はできますか。
出願日に、予定表をお渡しします。 受験番号順です。 どうしても都合が付かない場合は、他の面接日が空けば変更していただけますので、お申し出下さい。
保護者面接は両親ですか。
ご両親のうち、どちらかお一人で結構です。
受験番号の早い方が入試では有利ですか。
受験番号は入試結果にはまったく関係ありません。
見学できる行事や授業はありますか。
運動会・夏まつり・総合発表会は公開行事です。入試説明会で全学級の授業公開を致します。
年長児体験教室や年少・年中向けのおーぷんすくーるなど、お子様も参加していただける説明会もあります。
入試では早生まれへの考慮はありますか。
特に考慮しておりません。本校の入試では、あまり影響はないようです。
専願の場合、入試の際に優遇されるのですか。
はい。専願の方に限り一定の優遇措置をとっております。
通学時間の制限はありますか。
お子様の体力や疲れを考慮して1時間程度と考えていますが、明確な規定ではありません。
寄付金は必要ですか。
入学時とか毎年の寄付というのはいただいておりません。
転入試験はありますか。
欠員が生じた場合のみ、年度末に転入考査を実施します。 その場合は、ホームページ上でお知らせします。 詳しくは「転入のご案内」をご覧下さい。
海外からの帰国子女の優遇措置はありますか。
ありません。
休学の制度はありますか。
海外の学校に転校される場合は、1年間の休学を認めています。

通学について

自家用車での送迎は認められていますか。
認めていません。けがなどで電車や徒歩による通学が不可能な場合のみ、許可証を発行しています。
携帯電話の所持は認められていますか。
原則禁止です。ただし、本校規定の条件を満たす場合のみ、校内ではお預かりするということで許可しています。
登下校や校内での安全に、どのような配慮がなされていますか。
登下校時には、教員が指導に当たっています。 阪急雲雀丘花屋敷駅のホームから、児童生徒専用の改札を通って登下校できますので、一般道路を通ることはありません。 また、正門と専用通路を通過したときに保護者へメールで連絡が行く「登下校メールシステム」を導入していますので、希望される方はご利用いただけます。 また、入学時に、全員に防犯ブザーを無料配布しています。 校内の安全につきましては、正門と南門への警備員配置や防犯カメラ・各教室にセコム直通の非常ボタン設置、県警ホットラインなどできる限りの対策を講じています。 また、児童の安全教室や教員の防犯訓練・心肺蘇生法講習など、毎年実施してノウハウを積み上げています。
詳しくは「安全対策」をご覧下さい。
登下校の時刻は何時頃ですか。
朝は7時半に専用通路が開けられ、警備員が配置につきます。 8時15分までに教室に着いていれば、余裕を持って朝会に臨めます。 1年生は、毎日5時間目までの授業です。 その後、帰りの会をして下校ですので、2時半頃には学校を出ます。

学校生活について

土曜日はお休みですか。
原則として、第2・4土曜日は休業日です。第1・3・5土曜は行事日として使います。それ以外は希望者を対象に基礎学力の定着のための補習をしています。
給食はありますか。
ありません。毎日お弁当の持参をお願いしています。お家の方がお弁当を作れなかったときのために、パン売り場を設けていますので、パンやおにぎりやお弁当を買うことができます。
また、希望者は週1回のケータリング弁当ができます。
放課後の過ごし方を教えてください。
学校になれてきた頃から、月・火・金曜日の4時まで「自由遊び」をすることができます。 絵画教室(1~3年)やピアノ(1~6年)・フルート(3~6年)・習字(2~6年)などの課外教室もあります。
下校時刻を過ぎて、子どもを学校で預かっていただくことはできますか。
気象警報等、緊急の場合を除き、できません。

進学について

内部中学校への進学について教えてください。
内部中学校へは、小学校での成績で一定の基準を満たしていれば合格を保証される優遇制度があります。 ただし、専願者に限ります。また、入試は受けていただきます。年度によって違いますが、学年の3~4割程度が進学しています。
補習などはありますか。
平常は、各学年が実態に合わせて早朝や放課後に実施しています。 また、希望者対象に第1・3土曜日に補習を実施しています。夏休みの三日間で全学年の補習、冬休みに五日間、6年生対象に全教員が指導にあたる冬期講習を実施しています。
卒業生の主な進学先はどこですか。

内部中学校以外では、灘・甲陽学院・洛南・大阪教育大学附属池田・六甲・高槻・明星・関西学院・神戸女学院・四天王寺・金蘭千里などに進学しています。
詳しくはこちらをごらん下さい。

ページトップへもどるよ