雲雀丘の教育/学習指導

訪問者別メニュー

  • 学校を知りたい方はこちらから
  • 入学・転入学をお考えの方はこちらから
  • 在校生の保護者の方はこちらから

“学びの世界”をとことん楽しみ、確かな基礎学力と創造力を養います。

本校が特に力を注いでいるのは、児童一人ひとりの個性と創造力を最大限に伸ばすバランスのとれた教育の実践です。どんな教科であっても苦手意識を持たないよう、創意工夫に満ちた楽しい授業を展開。低学年のうちから「自ら学ぶ姿勢」を徹底して身につけることで、基本的な学習習慣と確かな学力を培っていきます。

国語

国語

「読む」領域では、まず、内容を正確に読み取ること、次に、文章の構成や叙述の工夫を読むこと、書き手のものの見方や考え方、主題を読むことの3つを狙いとしています。学習を終えた子どもたちが、各単元で学んだ読み方を駆使してこそ、「言葉の力」を獲得したと考えています。また、各領域で授業の「見える化」にも取り組んでいます。

算数

算数

算数の学習は、問題解決の学習です。与えられた問題を解くことはもちろん、問題解決の過程でどんなことに目を向けたのか、既習事項をどれだけ活用できたかを大切にして授業を行っています。また、友だちと共に学ぶことで、他の考えを理解する時間も大切にしています。

理科

理科

子どもたちの「実感を伴った理解」を目指すために、実験を中心とした授業展開をしています。自らの手で触れながら実験し、得られた結果から何が分かるのかをしっかりと考察して理解を深めます。本校独自のカリキュラムのもと、教科書の内容だけにとどまらず、より広く、そしてより深い内容を学習しています。

社会

社会

工場や資料館などの見学活動や体験活動を通して、社会科のモノを見る目を養います。教科書だけでなく、副読本や地図帳、資料集などを使いながら、それぞれの単元での学びを深めます。資料の正確な読み取りにより考える力を身に付けさせています。物事を多面的に見て考える力を身に付け、広い視野を持てるように指導します。

生活

生活

子ども達は、自然を体感し、社会の目を広げることで大きく成長していきます。自然観察や社会のルールや工夫を知ること、あるいは昔の文化や習慣に触れることで、観察力や創意工夫する力、表現する力などの『生きる力』をつけることができます。様々な事象を経験する機会を多く設けて、子どもたち情緒が豊かに育つような学習を組み立てています。

総合

総合

子ども達は、家族や友達、自分が生活する地域の人々など、人との『関わり』や、自分の生活範囲にある自然環境との『関わり』の拡大とともに、自分のものの見方・考え方や経験を広げ、豊かにしながら成長していきます。それらの『関わり』を豊かにし、『関わり』を通して成長していく姿は、他を尊重しながら自他共によりよく生きようとする『共生』の姿です。自分自身と自分以外の人やものとの『関わり』を強く意識した活動を通して、自らはたらきかける力を育む学習を進めています。

道徳

道徳

創立の精神として「孝道」を重んじ、「親孝行」に関わる「人を思いやる心」「人に感謝する心」という言葉をキーワードとし、読み物教材を中心に授業を進めています。 また、実践として、お弁当箱を自分で洗い、ありがとうのお手紙を入れて、お母さんに感謝の気持ちを伝えるという活動もしています。

体育

体育

発達段階に応じた「体つくり運動」を毎時間行い、さまざまな動きの基礎となる身体能力の向上を目指しています。また、友だちと協力や競争をし、自らいろいろなめあてをもって取り組むことによって、運動の楽しさを味わいながら子どもたちの体力や技能を高めていきます。高学年での臨海学舎に備えて、平泳ぎの指導にも力を入れています。

図工

図工

子どもたちの造形活動を通して、経験の蓄積に基づく確かな技能の定着を目指します。子どもたちが持つ豊かな発想力が、定着した技能によって大いに発揮され、いきいきと活動できる課題を設定しています。

音楽

音楽

子どもたちに音楽を楽しんでもらうために、様々な楽器を体験してもらいます。もちろん音楽の基礎的な知識や楽器の奏法など、先々で子どもたちの活動が広がるように本校独自のカリキュラムを組んでいます。特に、リコーダーは2年生から取り組んでいます。3年生からすでに難しい曲に挑戦しています。クラス合奏など、大きな課題にも取り組んでいます。

英語

英語

早い時期から英語に馴れ親しむため、1年生からネイティブスピーカーによる英語授業を行います。英語の四技能「読む」「聞く」「話す」「書く」の中でも、もっとも大切な「聞く」「話す」を中心にしっかり身につけます。授業ではゲームやカード教材などを取り入れて単語を覚えたり、英語の歌を歌ったり、楽しみながら異文化に対する理解を深めます。

パソコン

パソコン

『情報モラルを理解し、正しく情報技術を利用することができる』ことを教科目標とし、情報機器やネットワークを適切かつ有効に利用する方法について体系的に指導しています。PCやデジタルカメラ、タブレットなどの情報機器の操作法、インターネットやモバイル端末利用時のルールやマナーといったことを学年に応じて指導しています。

読書

読書

1・2年生が図書館の中で授業を受けます。図書館の利用方法を学ぶとともに、たくさんの本と出会えるように「読み聞かせ」を中心に本の紹介をしています。そして毎時間、図書館の中から好きな本を選んで借りることができます。読書習慣を身につけさせるとともに、読書に親しむことができる力を育てます。

習字

習字

国語科書写として、文字を正しく整えて書くことを目標としています。毛筆で文字を大きく書くことは、文字感覚、文字認識力を養い硬筆書写力の向上に繋がります。さらに五感を刺激し、豊かな情操を育みます。また、小筆で手紙を書いたり、名前の印づくりなど創作活動も取り入れ、自ら主体的に取り組む授業内容としています。姿勢を正し、集中力を高め、静かに自分と向き合う時間となるように心がけています。

バレエ

バレエ

本校の特色のひとつにバレエの授業があります。2年生から4年生の女子が週1時間、バレエの基本的な動作を学びます。4年生の有志は学習の成果を総合発表会の舞台で披露します。

家庭科

家庭科

家庭科では、実習中心の授業で家庭生活に必要な基本的な知識と技能を身につけます。食生活の分野では食事の役割や栄養を考えた献立について学習し、学期に一度、調理実習を行います。衣生活の分野では、日常着の手入れの必要性を学習し、ボタン付けを実践したり、手縫いで生活に役立つ小物をつくり、ものづくりの楽しさを味わいます。

ページトップへもどるよ